レンタルサーバー比較

信頼性と安定性が高く、集客に強いレンタルサーバーを料金と機能で徹底比較

更新日:2018年10月17日
※当サイトに記載されている料金は「1年間の料金(税抜き)」で統一しています。

個人サイト向けレンタルサーバーの比較

個人サイト向けレンタルサーバーの選び方

ブログやアフィリエイトサイトでは、多くの人に見てもらうことが目的となるので、集客に強いレンタルサーバーを選ぶことが最重要になります。
高い安定性・高速化機能・大量アクセスへの強さを備えており、転送量の目安にも十分に余裕がある高性能レンタルサーバーがおすすめです。
また、独自SSL(通信を暗号化する技術でURLの先頭が「https」になります)を無料で利用できるかということも、絶対に確認しておきたいポイントです。

個人サイトや小規模のアフィリエイトサイトには格安レンタルサーバーが最適ですが、中には不具合や障害が多くてまともに利用できないサーバーもあります。
同じ料金でも性能や安定性が全然違ってくるので、「ロリポップ」「さくらのレンタルサーバー」「スターサーバー」などの、実績があって信頼できるレンタルサーバーの格安プランを選ぶことが大事になります。


エックスサーバー

更新料もずっと無料の独自ドメインを1つプレゼントキャンペーン中(10月31日まで)
※ドメインは「.com」「.net」「.org」「.biz」「.info」の中から選ぶことができます。

運営元:エックスサーバー株式会社
無料お試し期間:10日間

※2年契約・3年契約では、料金がさらに割引されます。
料金と機能X10X20X30
年間料金12,000円24,000円48,000円
初期費用3,000円3,000円3,000円
ディスク容量200GB300GB400GB
マルチドメイン無制限無制限無制限
メールアドレス無制限無制限無制限
MySQL50個70個70個
WordPress
CGI・SSI・PHP
無料独自SSL
転送量の目安70GB/日90GB/日100GB/日

公式サイト:https://www.xserver.ne.jp/

独自ドメイン取得サービス:エックスドメイン


ロリポップ

運営元:GMOペパボ株式会社
無料お試し期間:10日間

料金と機能エコノミーライトスタンダード
年間料金1,200円3,000円6,000円
初期費用1,500円1,500円1,500円
ディスク容量10GB50GB120GB
マルチドメイン20個50個100個
メールアドレス410個無制限無制限
MySQL×1個30個
WordPress×
CGI・SSI・PHP
無料独自SSL
転送量の目安40GB/日60GB/日100GB/日

公式サイト:https://lolipop.jp/

独自ドメイン取得サービス:ムームードメイン


さくらのレンタルサーバー

運営元:さくらインターネット株式会社
無料お試し期間:14日間

料金と機能ライトスタンダードプレミアム
年間料金1,429円4,762円14,285円
初期費用953円953円953円
ディスク容量10GB100GB200GB
マルチドメイン20個20個30個
メールアドレス無制限無制限無制限
MySQL×20個50個
WordPress×
CGI・SSI・PHP
無料独自SSL
転送量の目安40GB/日80GB/日120GB/日

公式サイト:http://www.sakura.ne.jp/


スターサーバー

すべてのプランで、契約期間が2ヵ月無料追加キャンペーン中(10月31日まで)

運営元:ネットオウル株式会社
無料お試し期間:14日間

※法人向けのビジネスプランもあります。
料金と機能エコノミーライトスタンダードプレミアム
年間料金1,512円3,000円6,000円18,000円
初期費用1,500円1,500円1,500円5,000円
ディスク容量10GB50GB100GB150GB
マルチドメイン20個50個無制限無制限
メールアドレス200個500個1000個無制限
MySQL×1個20個50個
WordPress×
CGI・SSI・PHP
無料独自SSL
転送量の目安50GB/月150GB/月300GB/月1000GB/月

公式サイト:https://www.star.ne.jp/

独自ドメイン取得サービス:スタードメイン


バリュサーバー

運営元:GMOデジロック株式会社
無料お試し期間:10日間

※法人向けのビジネスプランもあります。
料金と機能まるっとエコスタンダード
年間料金1,599円~2,000円4,000円
初期費用無料1,000円2,000円
ディスク容量25GB50GB100GB
マルチドメイン3個25個無制限
メールアドレス3個100個無制限
MySQL1個1個無制限
WordPress
CGI・SSI・PHP
無料独自SSL
転送量の目安150GB/月150GB/月300GB/月

公式サイト:http://www.value-server.com/

まるっとプラン:http://www.value-server.com/marutto/

独自ドメイン取得サービス:バリュードメイン

法人向けレンタルサーバーの比較

法人向けレンタルサーバーの選び方

法人向けレンタルサーバーは、企業やビジネスサイトに必須のセキュリティと安定性をさらに向上させたサーバーです。(個人の方の利用も可能です)
サーバーの不具合が極めて少ないというのが大前提ですが、万が一の場合でもしっかりとしたサポートやバックアップなどの対策をしているサーバーを選ぶことが重要です。


エックスサーバー ビジネス

すべてのプランで、初期費用半額キャンペーン中(10月31日まで)

エックスサーバー ビジネスでは、更新料も無料の独自ドメインを1つもらえる特典があります。
ドメインは下記の10種類の中から選ぶことができます。

「.co.jp」「.or.jp」「.ne.jp」「.gr.jp」「.jp」「.com」「.net」「.org」「.info」「.biz」

運営元:エックスサーバー株式会社
無料お試し期間:10日間

※2年契約・3年契約では、料金がさらに割引されます。
料金と機能B10B20B30
年間料金45,600円91,200円136,800円
初期費用15,000円15,000円15,000円
ディスク容量200GB300GB400GB
マルチドメイン無制限無制限無制限
メールアドレス無制限無制限無制限
MySQL無制限無制限無制限
WordPress
CGI・SSI・PHP
無料独自SSL
転送量の目安90GB/日110GB/日120GB/日

公式サイト:https://business.xserver.ne.jp/

独自ドメイン取得サービス:エックスドメイン


CPIレンタルサーバー

CPIレンタルサーバーでは、サイトの規模や用途に応じた多くのプランが用意されています。

  • シェアード:共用レンタルサーバー
  • マネージド:専門知識不要の専用サーバー
  • ハイブリッド:自由度の高いroot権限付の専用サーバー

運営元:株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
無料お試し期間:10日間(シェアード)
返金保証期間:20日間(すべてのプラン)

料金と機能シェアードマネージドハイブリッド
(物理)
ハイブリッド
(仮想)
年間料金45,600円324,000円~240,000円~108,000円~
初期費用無料92,000円~150,000円無料
ディスク容量無制限240GB~240GB~200GB~
マルチドメイン無制限無制限無制限無制限
メールアドレス無制限無制限無制限無制限
MySQL無制限無制限無制限無制限
WordPress
CGI・SSI・PHP
無料独自SSL×
※1ドメインまで
××
転送量の目安無制限無制限無制限無制限

公式サイト:https://www.cpi.ad.jp/


さくらのレンタルサーバー ビジネス

運営元:さくらインターネット株式会社
無料お試し期間:14日間(ビジネス・ビジネスプロ)

※マネージドプランにはHDDプランとSSDプランがあります。
料金と機能ビジネスビジネスプロマネージド
年間料金23,809円42,858円132,000円~
初期費用4,762円4,762円45,000円~
ディスク容量300GB500GBHDD 700GB
SSD 360GB
マルチドメイン40個40個無制限
メールアドレス無制限無制限無制限
MySQL100個200個無制限
WordPress
CGI・SSI・PHP
無料独自SSL
転送量の目安160GB/日200GB/日200GB/日
公式サイト

ロリポップ エンタープライズ

運営元:GMOペパボ株式会社
無料お試し期間:10日間

料金と機能エンタープライズ
年間料金24,000円
初期費用3,000円
ディスク容量400GB
マルチドメイン無制限
メールアドレス無制限
MySQL100個
WordPress
CGI・SSI・PHP
無料独自SSL
転送量の目安無制限

公式サイト:https://lolipop.jp/

独自ドメイン取得サービス:ムームードメイン


ファーストサーバー Zenlogic

Zenlogicでは、ビジネスに必須の4大セキュリティ機能を標準(無料)で搭載しています。

  1. ドメイン認証型SSLサーバー証明書(無料独自SSL)
  2. メールセキュリティ
  3. WEBアプリケーションファイアウォール
  4. 暗号化通信(HTTP/POP/SMTP/FTP)

運営元:ファーストサーバー株式会社
無料お試し期間:14日間

料金と機能プランSプラン1~プラン7AWS-1~AWS-4
年間料金10,680円35,640円~244,080円117,720円~711,720円
初期費用無料無料無料
vCPU/メモリ1vCPU/1GB1vCPU/1GB~4vCPU/16GB1vCPU/1GB~4vCPU/16GB
ディスク容量300GB1TB
(最大2TB)
100GB
(最大10TB)
マルチドメイン無制限
メールアドレス無制限
MySQL無制限
WordPress
CGI・SSI・PHP
無料独自SSL
転送量の目安無制限

公式サイト:https://zenlogic.jp/


GMOクラウド アイクラスタプラス

すべてのプランで、初期費用0円キャンペーン中(11月6日まで)

運営元:GMOクラウド株式会社
返金保証期間:30日間

料金と機能ミニレギュラープロ
年間料金11,208円16,920円28,344円
初期費用5,000円5,000円5,000円
ディスク容量200GB400GB600GB
マルチドメイン60個90個120個
メールアドレス10個無制限無制限
MySQL30個60個120個
WordPress
CGI・SSI・PHP
無料独自SSL
転送量の目安無制限無制限無制限

公式サイト:https://shared.gmocloud.com/

WordPress専用サーバーの比較

WordPress専用サーバーの選び方

WordPress専用サーバーは、WordPress用に設計・最適化されたサーバーです。
WordPressのサイトはどうしても重たくなる場合があるので、高速化機能が充実している&多くのアクセスに強いサーバーがおすすめです。


エックスサーバー wpX

運営元:エックスサーバー株式会社
無料お試し期間:14日間

※クラウドはグレードAからグレードXまであります。
料金と機能レンタルサーバークラウド
年間料金12,000円6,000円~
初期費用5,000円無料
ディスク容量30GB10GB~
WordPress
設置可能数
10個1個
マルチドメイン10個×
メールアドレス無制限メール機能なし
MySQL容量1個につき500MB150MB~
phpMyAdmin
無料独自SSL
転送量の目安50GB/日300GB/月~

公式サイト:https://www.wpx.ne.jp/

独自ドメイン取得サービス:エックスドメイン


COREPRESS クラウド

運営元:GMOデジロック株式会社
無料お試し期間:10日間

※年間料金ではなく、1ヶ月単位での支払いになります。
料金と機能CP-1~CP-6
月額500円~16,000円
初期費用無料
ディスク容量10GB~320GB
WordPress
設置可能数
3個~96個
マルチドメイン3個~96個
メールアドレスメール機能なし
データベースMySQL
phpMyAdmin
無料独自SSL×
転送量の目安150GB/月~4800GB/月

公式サイト:http://www.corepress.jp/

おすすめのレンタルサーバーと比較一覧表

趣味の個人サイトや小規模アフィリエイトサイトにおすすめのレンタルサーバー

ロリポップ エコノミー
年間1,200円(月あたり100円)で利用できる、非常に人気の高い格安プランです。
他の格安レンタルサーバーと比べても安定性が高く実績もあるので、「とにかく費用は抑えたいけど安心して利用できるサーバーを使いたい」という方におすすめです。
バリューサーバー エコ
WordPressを格安で利用したいという方に最適のプラン。
年間2,000円(月あたり167円)という格安料金ですが、ディスク容量などのスペックは同じ価格帯のレンタルサーバーと比較しても優れており、快適にブログを運営することができます。

しっかりと集客したいサイトやブログ、アフィリエイトサイトにおすすめのレンタルサーバー

エックスサーバー X10
オールSSDの非常に快適なサーバー環境、各種高速化機能と高い安定性、ディスク容量200GB、マルチドメイン無制限、転送量の目安も多く、月あたり900円からでコスパも良いなど、多くのアクセスを集めたいサイトにとって文句のないプランです。
本格的にブログやアフィリエイトサイトなどを始めようという方は、このサーバーを選べば間違いないと思います。
ロリポップ スタンダード
年間6,000円(月あたり500円)で、ロリポップのすべての機能を利用できる高性能プラン。
コストを抑えながらもハイスペックなサーバーで、ディスク容量120GB、マルチドメインは100個、転送量の目安も100GB/日とかなりの余裕があり、複数のサイトを運営する場合にもおすすめです。
また、アクセスの急増が見込まれる時に同時アクセス数を拡張する機能も利用できます。
wpX レンタルサーバー
WordPressが常に高速で快適に動作するように最適化されたレンタルサーバー。
大量アクセスに強く、不正ログイン防止機能などのセキュリティも強化されています。

高いセキュリティと安定性が必要になる法人・企業・店舗サイトにおすすめのレンタルサーバー

エックスサーバー ビジネス B10
150万サイト以上の運用実績があるエックスサーバーを、法人向けに特化させたレンタルサーバー。
高速で大量のアクセスに強い高性能サーバーに加え、セコムセキュリティ診断や自動バックアップなどの機能を搭載し、365日対応のサポートや各種設定の無料代行サービスといったサポート面も充実しています。
また、更新料も無料の独自ドメインを1つもらえるという特典があるのも大きなメリットです。
例えば法人向けドメインの「.co.jp」を取得する場合だと、毎年約4000円のドメイン料金を節約できるということになります。
さくらのレンタルサーバー ビジネス&マネージド
高い信頼性と安定性で実績のある、さくらのレンタルサーバーの法人向けプラン。
複数人の管理が可能なので、サイトの運用や更新を外部委託しやすいのもメリットのひとつです。
マネージドは、共有サーバーの使いやすさと専用サーバーの性能や安定性を兼ね備えた、サーバー1台まるごと専有プランです。
ファーストサーバー Zenlogic
ディスク容量1TBでマルチドメイン・メールアカウント・転送量が無制限、ビジネスに合わせて機能の拡張やプランの変更ができる、法人向けのクラウド型レンタルサーバーです。
高いセキュリティ機能を標準搭載し、電話&メールサポートも365日対応しているので、安心してビジネスサイトを運営することができます。

レンタルサーバーの比較一覧表

レンタルサーバーの料金と機能の比較一覧表

レンタルサーバーに関する用語集

年間費用

レンタルサーバーの申し込みをするときに、「3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月」などの契約期間を選択しますが、多くのレンタルサーバーでは契約期間が長いほど月あたりの料金が割引されます。

例えばエックスサーバーX10プランの場合だと、3ヶ月契約の料金は「月あたり1,200円」、12ヶ月契約の料金は「月あたり1,000円」になるので、1年間利用すると12ヶ月契約の方が2,400円もお得になります。

レンタルサーバーの新規契約・更新をする時は、12ヶ月以上の契約期間で申し込みすることをおすすめします。

※当サイトでは料金を統一するために、12ヶ月契約の料金を掲載しています。
(COREPRESS クラウドは月々の支払いになるので月額で掲載しています)

初期費用
レンタルサーバーの新規契約時にのみ掛かる費用です。
ディスク容量
サイトに使用するファイルや画像などをサーバーに保存できる容量です。
マルチドメイン

ひとつのサーバーで複数の独自ドメインを利用することができる機能です。
それぞれのドメインごとに別のサイトとして運用・管理することができます。

ちなみに、独自ドメインはレンタルサーバー側でも取得することができますが、独自ドメイン取得サービスを利用した方が安く取得・更新することができます。

MySQL
世界中でもっとも利用されているデータベースで、サイトで使用するPHPなどのデータを保管したり、条件に合うデータだけを読み込んだりできる管理システムです。
WordPressを利用する時などに必要となります。
WordPress(ワードプレス)
自由度の高いオープンソースのブログソフトウェアで、全世界のサイトの約30%がWordPressであるといわれています。
WordPress自体はすべて無料で使うことができ、SEO対策がしっかりされた無料テンプレートもたくさん提供されています。
ブログだけでなく、通常のホームページのように使うこともできます。
CGI・SSI・PHP
プログラミング言語を使って動的なサイトを作成することができます。
例えば、ひとつのファイルを書き換えるだけで、すべてのページに共通する部分(サイドバーなど)の表示を変えることができたり、検索機能の設置やブログ・掲示板を作成することも可能です。
WordPressもPHPによって作成されています。
転送量

サイトにアクセスがあった時に、サーバーから閲覧者のブラウザに送信されるデータ量のことです。
アクセス数が多い・ファイルサイズが大きいほど転送量が多くなります。

レンタルサーバーでは、サーバーに負荷が掛からないように転送量の上限目安があり、例えば大量のアクセスが発生して転送量の目安を大きくオーバーすると、サイトが重くなったり表示されなくなるなどの制限がかかる場合があります。

転送量の目安は、レンタルサーバーを選ぶときに必ず確認しておきたいポイントです。

SSL

インターネット上での通信を暗号化し、情報を安全に送受信するためのセキュリティ技術のことで、第三者によるデータの改ざんや盗聴を防ぐことができます。
企業サイトやネットサービスを行うサイトでは必須のもので、SSLを導入しているサイトのURLは「https」で始まり、ブラウザによって以下のように鍵マークが表示されます。

SSLのブラウザ表示

2018年7月にリリースされるGoogle Chromeから、SSL化していないサイトには「保護されていません」と警告が表示されるようになります。
将来的にはSSL化しているサイトが標準とみなされるようになり、SSL化していないサイトには赤文字で警告が表示される予定です。

SSLはサイトの安全性を証明するものでもあり、Googleも検索順位を決める要因のひとつであると発表しています。
無料でSSLを利用することができるレンタルサーバーも普及してきているので、ブログや個人サイトの場合でもSSL化することを強くおすすめします。
※当サイトもエックスサーバーで無料SSL化しています。

また、信頼性をさらに高めたい法人・企業サイトや、インターネットサービス事業を行うサイトの場合は、認証レベルの高い有料のSSLを利用することが一般的です。
SSL証明書の中でも認証レベルの一番高い「EV認証」では、アドレスバーに緑文字で自社の組織名が表示されます。
※下の画像は、さくらインターネット株式会社のEV認証の表示例です。

さくらインターネットのサイトで表示される緑のアドレスバー
HTTP/2
HTTP(通信プロトコル)の新しいバージョンで、複数のリクエスト&レスポンスを並列処理することにより、Webサイトの表示速度が大幅に向上します。
HTTP/2を使用するためには、サーバー側が対応していることと、WebサイトをSSL化している必要があります。
nginx(エンジンエックス)
大量の同時リクエスト処理に特化した高速Webサーバー。
nginxを導入しているレンタルサーバーは、静的コンテツ(HTMLテキストや画像など)を高速で配信することができ、アクセスが集中した時でも安定したサイト表示が可能です。